エムアンドエーパーク

NEWS
2rfbrp2xcoxz7mitxbet_320_400-61b0707c.jpg

株式会社神明ホールディングスは、株式会社成田市場青果(以下、「成田市場青果」といいます。)の発行済株式70%の取得に関し、成田市場青果の株主と株式譲渡契約書を締結したことを発表。

神明HDグループは、基幹事業である米穀事業の拡充を図ることに加えて、人口の減少や少子高齢化、食生活の多様化などの環境変化に対応するため、無菌包装米飯・炊飯米等の加工食品、外食事業の展開など、国内外での事業領域を伸長させている。近時では成果物や水産品を含めた「川上から川下までの食のバリューチェーン」構築に向け積極的に展開している。
 
一方、成田市場青果は、成田エリアにおける青果物流通の拠点として効率的な流通、安定した取引 を推進し、生産者と消費者の利益を守り、川上から川下までの幅広い取引関係や情報収集力、千葉の生産者を中心とする地場産地との強固な信頼関係、仲卸業者を通じた販売網並びに販売力を構築しており、さらに2020年には成田国際空港隣接地に市場を移転する為、輸出入の拠点となることも期待されています。 神明HDと成田市場青果は、農産品の食品流通の要として、将来にわたり果たしていく役割、克服すべき課題を共有できるパートナーとなり得、両社が協力して「産地との強固な連携による集荷力強化」、「マーケットインの発想による販売力強化」という共通課題に取り組むことで、双方の企業価値の向上と生産者、消費者の利益に繋げていくことができると考え、今回の株式取得について合意に至った。

日本の農業の課題である産地の担い手不足等が取り上げられる中、おいしい農産物を安定的に供給すること、農業・産地を活性化すること、環境変化に応じた消費者ニーズに的確に対応していくことこそが日本の食の礎であり、両社が精通した事業分野を融合させることで、集荷力、販売力、商品提 案力において屈指の農産品流通企業グループへと成長して行く予定だ。

<<株式を取得する会社概要 >>
企業名:株式会社成田市場青果
所在地:千葉県成田市飯仲42番地2
代表者:代表取締役社長 小泉 嘉美
事業内容:青果物の仕入販売並びに委託販売及びその付帯する一切の業務
設立年月日: 設立年月日 2017年8月

みんなからのコメント

ログインが必要です

トラックバック

ログインが必要です

 

プロフィール

M&A PARK
最終ログイン

カレンダー

2019/9
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

アーカイブ

最新のコメント

最新のコメントはありません

最新のトラックバック

トラックバックはありません

アクセスカウンター

1
今日のアクセス
39
昨日のアクセス
32166
総アクセス数
ページ先頭へ戻る

読み込み中です