エムアンドエーパーク

M&Aについて
e79gmgtyiz2p5m5v8hn6_320_400-55ca51da.jpg

今回は会社の売却方法ついて学んでいきたいと思います。

近年、後継者不在の・人手不足・会社の更なる成長のため等様々な理由で会社の売却を考えられる経営者の方が増えています。しかし、いざ売却しようとなっても、多くの方が初めてのことでしょうし、分からないことも出て来るのではないでしょうか。そこで今回は、会社の売却を考えている方向けに、その方法とメリット・デメリット、注意点について解説していきます。

株式譲渡とは?
具体的に株式譲渡とはどういった事を行うのでしょうか? 会社の売却方法はいくつかあり、その中でよく用いられるのが株式譲渡です。
ここでは、会社の売却方法の代表格である株式譲渡についてご説明しましょう。株式譲渡とは、売り手が持っている株式を買い手に譲渡することで、経営権を譲り渡すことを言います。中小企業のM&Aではよく用いられる方法で、売り手は買い手の子会社となり、事業を続けることができます。
では、どのような理由で株式譲渡という方法を用いつのでしょう。2つご紹介します。

1つ目は、最近ではベンチャー企業が大企業に事業売却をして子会社になることで、親会社から資金を得て、さらに会社を成長させるためという理由です。ベンチャー企業単独では成し得なかった新しい事業に着手したり、社内環境改善のために資金を投入することもあります。

2つ目は、経営者から後継者への引き継ぎをスムーズに進めるためという理由です。株式会社を後継者へ引き継いだ後は、経営者はすぐに引くケースもあれば、しばらくは引き継ぎや育成に取り組むケースもあります。経営者としての業務をこなしながら引き継ぎがなくて良いので、引き継ぎや育成に尽力することができるのです。
ここまでが、株式譲渡とは、どういう理由で用いられるかという説明です。
では、株式譲渡のメリット・デメリットは何でしょうか。

メリットは、2つあります。
1つ目は、専門家の助けは必要ではあるものの、他の手法に比べると手続きが比較的簡単なことです。株式を多く持つ人が経営権を握るわけですが、売り手が買い手へ自社株を譲り渡すことで、経営権だけでなく会社の資産も引き継ぐことができます。

2つ目は、売り手に借金がある場合、法律上、債権者に事業を売ることを伝える必要が無いことです。

対して、デメリットです。
デメリットは、株式譲渡は会社の債権債務も含めて全て引き継がれます。デューデリジェンスで厳重にチェックされていたとしても、後になって帳簿に記載されていなかったことが発覚した場合、トラブルになることがあるのです。そのため、株式譲渡前のデューデリジェンスは入念に行う必要があります。

株式譲渡のメリット・デメリットはお分かりいただけましたでしょうか。
最後に、株式譲渡を選ぶ上での注意点をご説明しましょう。

経営権だけでなく会社資産も引き継ぐことができ、売り手に借金がある場合でも法律上、債権者に事業売却を伝える必要がないメリットがある一方、株式譲渡は会社の債権債務も含む株式譲渡前のデューデリジェンスは入念に行う必要がありそうですね。

株式譲渡を選ぶ上での注意点どういった点でしょうか。
注意点は、株主が親族だけの会社(同族会社)で、株式に譲渡制限がある場合です。前提として、株式に譲渡制限がある場合、取締役会や株主総会を開催せずに議事録だけ作って済ませてしまうことがあります。親族間の仲が良い時は、株主総会を行うために必要な時間やお金をかけずにすむのでしょうが、相続が絡んできた時に親族間の関係が崩れないとも限りません。これまで携わっていなかった者まで権利を主張して来る可能性があります。
そうなった場合、株主総会を開催して承認を得ていなっかたことで、家族会議で決めたことは取消しや無効になり、不利な方に進んでしまうのです。
そのため、形だけでも法律に則って株主総会を開いた方が良いでしょう。

おわりに
会社の売却方法について、株式譲渡に焦点を当ててご説明しましたが、いかがでしたか。
株式譲渡はM&Aではよく用いられますし、事業の引き継ぎを考え始めたら、押さえておきたい方法です。
また、この時点でまだ買い手が決まっていないという経営者の方はM&A PARK をご覧いただけるといいかもしれません。
着手金・登録料金無料で売り手は仲介手数料も無料となっているマッチングメディアです。こういったサービスを利用して探すという手もありますよ。

みんなからのコメント

ログインが必要です

トラックバック

ログインが必要です

 

プロフィール

M&A PARK
最終ログイン

カレンダー

2021/12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アーカイブ

最新のコメント

最新のコメントはありません

最新のトラックバック

トラックバックはありません

アクセスカウンター

130
今日のアクセス
226
昨日のアクセス
144409
総アクセス数
ページ先頭へ戻る

読み込み中です