レーマン方式

れーまんほうしき

レーマン方式は、M&Aのアドバイザリー会社や仲介会社に支払う成功報酬金額を定める時に利用される一般的な方式である。
取引された金額に応じて、一定の報酬料率を掛けて、手数料を算出する。