デューデリジェンス

でゅーでりじぇんす

デューデリジェンスとは、買い手企業(譲受企業)が売り手企業(譲渡企業)を買収するべきかどうか判断するために「企業の正しい価値」や「想定されるリスク」、「期待できる収益性」などを調査して評価する買収監査を意味する。
英語で「Due(適切な) Diligence(注意)」であり、頭文字をとって「DD(ディーディー)」と読んだり、「デューデリ」を略す場合もある。
具体的には、基本合意後、買い手企業(譲受企業)がM&Aを実行する前に、交渉の過程で提示された情報が正しいかを調査するため、財務デューデリジェンス、税務デューデリジェンス、法務デューデリジェンス、ITデューデリジェンス、人事デューデリジェンス、事業デューデリジェンスなど、さまざまな観点で実施する。
デューデリジェンスは法的な義務ではなく、買い手企業(譲受企業)が買収するかの最終判断を行う為の調査で、対象になる売り手企業(譲渡企業)によって調査項目は異なる。
精度を高めるために、税理士・会計士・弁護士等の専門家に依頼する場合が多い。