M&A[エムアンドエー]に登場する買い手の種類を知る

最終更新日:2022/03/07
目次

買い手はストラテジックバイヤーとフィナンシャルバイヤーに分類できる

M&Aに登場する買い手にはどんな種類が存在するのでしょうか。
実は買い手を大きく2種類に分けることができます。1つはストラテジックバイヤーと呼ばれる買い手、2つめはフィナンシャルバイヤーと呼ばれる買い手になります。
売り手としてM&Aを行う際には、買い手がこのどちらかを知っておくことはとても重要なことになります。
それはストラテジックバイヤーと、フィナンシャルバイヤーではM&Aに対するスタンスが大きく異なるからです。

ストラテジックバイヤーとフィナンシャルバイヤーの特徴

ストラテジックバイヤーとは、自社の事業を強化することや事業領域を拡大させるなど経営戦略上において、必要な企業に対して買収を行い、主に事業の相乗効果によってもたらされる投資価値の拡大を目的とした買い手を指します。いわゆる事業会社がこちらに分類されます。
一方で、フィナンシャルバイヤーとは、事業上において関連性が特になく、単に投資に対するリターンを最大化する目的を持ってM&Aを行う買い手を指します。投資ファンドなどがこれに分類されます。

M&A PARK_M&Aの意味

買い手は経営者寄りか投資家寄りか

ストラテジックバイヤーもフィナンシャルバイヤーもM&Aを行うことで利益を最大化したいという目的は同じです。しかし、その戦略については大きく異なる点があります。それは、戦略の視点が経営者寄りなのか投資家寄りなのかという点の違いです。
経営戦略を重要視する経営者寄りの考え方、それとも経営戦略の成果である投資リターンを得る投資家の考え方、そのどちらの立場に立っているかによって、M&Aに対するスタンスが違ってきます。
経営者の視点だと、M&Aは経営戦略において必要だから行なっており、買収された後も事業を保有し続けることを前提としています。事業を存続させるため、事業の成長速度を加速させる為にM&Aを行なっているからです。買い手は、事業買収後に戦略で描いた利益が得られなくなるまで事業を手放すことはないでしょう。ストラテジックバイヤーに多い思想がこちらになります。
一方でフィナンシャルバイヤーに多い思想としては、投資家の視点であり、どちらかといえば事業そのものの利益よりも、投資的な利益を重視しているので株の配当や株の値上がり益が大事になります。そのために、事業そのものの収益性改善を図るのです。そして、満足できる水準までビジネスの価値が上昇すれば、更に売却してM&Aによる投資リターンを確定します。

「彼を知り、己を知れば百戦危うからず」

M&Aに登場する買い手の存在を知り、その背景と目的を知ることが、成功するM&Aヘの第一歩となります。

M&A PARK は、初めて事業承継・M&Aを考える方でも簡単にお使いいただける
ハイブリッド総合支援型M&A サービスです。