売り手にとってのM&A[エムアンドエー]を知る

最終更新日:2022/03/07
目次

M&Aにおける売り手の意図とは

M&Aとは会社やビジネスを売買するので、当然ながら買い手と売り手が存在します。買い手が買う(欲しい)理由があるように、売り手には売り手である理由が存在するからこそ、M&Aという選択を選んでいるのです。メディアに露出するM&A関連の話は派手なものが多く、買い手が目立つことがしばしば。しかし、売り手が売り手になった背景を知っておく事は、良いM&Aを行うために必要不可欠であると言えるでしょう。

M&Aで売り手になった方が良いケース

M&Aとは、会社やビジネスの売買であり、その目的は多くのお金を得ようとする事に他なりません。売り手側にも会社としての意思があり、常にどのビジネスに経営資源を投下すべきか戦略的選択を行っています。そうすれば当然、その逆も起こりうるのです。戦略の中で今後も経営資源を投下し続けるべきではないと判断されたビジネスは、辞めるといってすぐに辞めれるものでもなく、従業員や設備などを保有していれば清算するのにも非常にお金がかかります。その場合に対象のビジネスをM&Aすることが出来れば、清算することにお金を払うのではなく、お金を得ることだって出来るのです。

M&A PARK_M&Aの意味

自社にとって価値がなくとも他者にとっては価値がある

自社が清算したいと思ったビジネスを、はたして他者にとってお金を払って得ようとするに値する価値はあるのでしょうか。答えはYesです。なぜなら、自分にとっての価値と他者にとっての価値というものはイコールではないからです。例えば、喉が乾いていない人にとって水はお金を払ってまで必要ではありませんが、喉がカラカラな人にとって水はお金を払ってでも欲しい価値があります。ビジネスの価値も同じであり、自社にとって不要なものでも、ちょうどその事業を立ち上げようとしていたと考える企業や、類似企業のいない市場環境の外国企業から見たときには、とても魅力的な価値があることが往々にしてあるのです。

売却はポジティブなパターンが多い

売却と聞くとネガティブなイメージが強いですが、実はポジティブなパターンが多くあります。M&Aは企業の全体戦略の一環として行われるものが多いので、基本的には何かのビジネスを加速させるために、何かを整理するという目的が多いからです。加速させるビジネスを選択するにあたって、儲かっている事業を売却し、より大きなお金に換えてしまい、それを加速させたいビジネスに投資するというケースもあります。儲かっているが、自分たちではこれ以上伸ばすことが難しいと考える企業や、どこか資金力のある企業とM&Aすることで更に事業を伸ばしたいと考える企業も多く存在しているからです。

M&A PARK は、初めて事業承継・M&Aを考える方でも簡単にお使いいただける
ハイブリッド総合支援型M&A サービスです。